福岡県の将棋人ブログ

はじめまして、福岡県で将棋をやっている者です。この度、ブログを開設することになりました。主に自分の指した将棋を振り返りながら、また戦型の研究、棋書の紹介もしていきたいと考えています。どうぞ、よろしくお願いします。

アベマTVトーナメントを見て思ったこと

こんにちは。先週の土曜日から第3回アベマTVトーナメントが始まりましたね。将棋界初のドラフト会議を経て3人1組のチームが構成されて、それぞれのグループに分かれて予選、決勝トーナメントと戦っていくというシステムです。先週はチーム豊島対チーム久保ということでいきなりの好カードで注目していた将棋ファンの方も多かったのではないでしょうか。リアルタイムで見られない場合でも後日視聴することができるので、ありがたいですね。事前の結果予想アンケートではチーム豊島勝利を予想する票が圧倒的に多かったですが、蓋を開けてみると、チーム久保の完勝でした。チーム全員が2勝1敗で計6勝3敗となり、勝ち点3を得ました。佐々木勇気七段が振り飛車はいろいろな作戦があって、対策を立てるのが難しいと言われていたのが印象に残りました。チーム久保は全員がどこにでも飛車を振れるので、そういった面でもやりづらさがあったのではないかと思います。また、居飛車党と振り飛車党では感覚が違うので、予想してない手を指されることが多かったとも言われていましたね。プロ間では居飛車が多数派で振り飛車党が圧倒的に少ないので、対振り飛車研究が相居飛車に比べると進んでいないのかもしれません。アマチュアでは振り飛車が多くてプロでは居飛車が多い。プロ間では振り飛車が苦しいと思われているのでしょうが、今回の結果を見ると振り飛車の可能性を感じざるを得ません。菅井先生が四間飛車穴熊を連投されていて、また振り飛車穴熊が増えるかもしれません。全9局もプロの将棋を観戦することができて、とても楽しかったですし、振り飛車の可能性を感じることもできました。フィッシャールールという持ち時間の短い将棋ということで観戦しやすいというのもありますね。プロがチェスロックを使っているところを見るのもなかなかない機会ですから、それもまた面白いですね。コロナ禍で将棋大会や将棋のイベントが中止になったりと将棋ファンにとっては辛い期間が続いていたところなので、このアベマTVトーナメントの開催はとても有意義なものだと感じています。本日もアベマTVトーナメントが放映されるようなので、ぜひご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

将棋ブログランキングに参加しています

⇩⇩⇩

blog.with2.net